住宅改善を行うための様々な工事や手法について知ろう

使いやすいキッチンを

住宅をリフォームするときにキッチンリフォームをする家庭が結構あります。夫婦が共同でキッチンに立つようになって結構な時が立ちますが、やはり主婦の意見が強く、男性は意外と鈍感な場所です。その証拠にいまだにキッチンの多くは女性が作業しやすいように女性の平均身長を元に作られています。 それゆえ、キッチンをリフォームする時も女性の意見が中心になって来るでしょう。 そして、時代と共にその形や機能が変化します。最近のちっきんの機能としてはシステムキッチンは当たり前で、その中でもタッチしただけで流れる蛇口や、シンクに野菜の皮などを落としても水を流せば排水溝へ入るなど随所に工夫を凝らしています。今後はデザイン重視のものが増えていくでしょう。

では、キッチンリフォームをする時に注意することは何かあるでしょうか。 まずは、その場所、空間の問題です。例えば今まで壁付式だったものを対面式や独立式にする場合、キッチンをリビング側に移動させないといけません。その時リビングの面積を削りたくないからとキッチンを壁側にするとキッチンの内側が狭くなってしまい、1人が通るのにやっとの広さしか確保できなくなります。逆に、リビング側に寄せるとリビングがせまくなってしまうという問題点があります。  また、価格も大きな問題の一つになっています。通常、壁付式だったものを対面式や独立式にする場合、水回りの変更が生じます。この水回りの変更は意外と大変で、予算も100万円から150万円ほど余分にかかることを覚悟しなければなりません。

Copyright© 2015 住宅改善を行うための様々な工事や手法について知ろうAll Rights Reserved.